Steinway Hall, NYC

Steinway Hall, NYC

Yagull

ニューヨーク拠点に活動するYagullは、神戸出身のピアニスト、Kana Kamitsubo-Markovic とセルビア出身のギタリスト、Sasha Markovic で編成されるアコースティックデュオユニット。既存のジャンルに当てはまらない、洗練されたシンプルで魅力的なメロディーを魂をこめて演奏する。Yagullの音楽は優しく寄り添い、語りかける。聴く者の心に程よい安堵感が広がり、自己が持つ創造性が引き出され、潜在性と共鳴するだろう。

Yagull’s Mission

Yagullは「自分たちの音楽を聴いた人がありのままの自分でいられる空間を作りたい」という願いを込めて演奏活動をしている。そのためには、彼ら自身が常に自分自身に向き合い、様々な感情を体験することをゆるし、暖かく抱きしめる。Yagullの音楽を聴いた人にも同じように感じて欲しい、そんな気持ちを奏でる音の一つ一つに込める。

Yagullのこの音楽観は、違う形で彼らの経営する「HugMusic(ミュージックスクール)」でも体現されている。障がいを持った子供達も含めた幼児から大人までを対象とするHug Musicでは、可奈とサシャのスキルと経験を活かした音楽レッスン、クラス、そしてミュージックセラピー(音楽療法)を提供し、先生たちは子どもに「教える」のではなく彼らのワクワク、ドキドキ感を大切にしながらインスピレーションやモチベーションを引き出せるように見守る。

Works

Yagullは、最新作「YUNA」(2018) を含め、過去に「Films」(2012)、「KAI」(2014)の3作品リリースしている。前作品「KAI」は可奈とサシャの初共同アルバムでBeledoDewa Budjana など世界的に活躍するMoonJune Recordのミュージシャンを招いたバラエティ豊かなアルバム。NYタイムアウト誌始め、全世界20カ国以上から素晴らしい評価を受けた。007ジェームズボンドの作者 Raymond Benson 氏はアルバム「KAI」を聞いてYagullの大ファンになり、「KAI」を2014年のベストアルバムに選んだだけでなく、新作「YUNA」の解説文・ライナーノーツをYagullに寄稿。Yagullの個人的な体験や経験を音で紡いだ作品「YUNA」(2018)は、発売後すぐに多数の評論を受け高評価を得ている。評論家 Kevin Rolland は彼が年間に評論を書いた850枚のアルバムの中から本アルバムを第1位に選んだ(ベストオブ2018)。また、アメリカで歴史的なラジオ音楽番組「Echoes」のホストを務める John Dilibert 氏が本アルバムを聴きYagullに番組出演を依頼。2019年1月に出演が実現した。(2019年2月放送予定)。これまでアメリカ・ニューヨークを中心に活動を続けてきたが 日本を始め他地域にも活動を広げ始めている。2019年はYUNAのツアーを東京・神戸(4月)、ニューヨーク(5月)ヨーロッパ(8月)で開催予定。